2014.05.07

Googleストリートビューの使われ方をシュミレーション!!

ストリートビューがどのように利用されるかシュミレーションしてみましょう。

 

※きょうは週末、気の合った仲間と飲み会がある場合。

 

1.まず最初にお店を探します。 インドアシュミレーション_02

 

2.Google検索やGoogleマップと連携しており、お店を検索すると地図はもちろん、電話番号や営業に関する概要、外観や内装などの写真やホームページのURL、ストリートビュー、インドアビューなどのサムネイルが表示されます。そのため、クリックされる確率が高まり、誘客に役立ちます。 インドアシュミレーション_03

 

3.各ポイントで撮影された高品質な360°パノラマ写真をつなぎ合わせて、ストリートビューのようにまるで実際にその場にいるように、お店全体の雰囲気を把握できます。 インドアシュミレーション_04

 

4.ストリートビューは通常の写真とは比較にならないほど、お店全体が把握できます。お部屋をぐるっと見回したり、廊下を実際に歩くようにその場所を見ることができます。 インドアシュミレーション_05

 

5.きっと、ネットユーザーが好みのお店やお部屋を見つけ出すことに役立つことでしょう!! それは、あなたのお店の誘客に役立つことにもなるのです!! インドアシュミレーション_06

 

6.ネットユーザーがインドアビューを経験すると、その後も良く使うようになると思われます。 首都圏などを見てもストリートビューをビジネスに導入しているお店や企業は大変多くなっています。
今年の2月からGoogleマップは新しくなりましたが、ペグマン(人形の形をしたイラスト)をクリックするとストリートビューを導入しているところが一目瞭然です。
私ども地方に住んでいる者にはわかりませんでしたがその多さは驚くほどです。 このサービスが、地方でも活用され地域社会に役立つサービスとなると確信しています。どうぞご利用くださいませ!!