2015.02.19

Photoshop ひげを増毛します!!

少しずつ春の足音が聞こえる、今日この頃いかがお過ごしですかw
私はいつもと変わらず元気な雪乃です。以前ブログでご紹介した「Photoshop ひげの無い顔に髭を生やします!!」では、髭の無いところに髭を生やしましたが、実際は髭っぽいものが口の周りに付いてる感じの物でした。

今回はPhotoshopで、もう少しリアルな髭を表現する方法をご紹介したいと思います。何に使うの?って思わずネタだと思ってご覧くださいw

Windows8 を使用しています。
Photoshop CS6 を使用しています。

Photoshopに画像を読み込む

髭を増毛したい画像を用意して、Photoshopで開きます。

髭の男性

髭ブラシを作成

  1. レイヤーパネル下部「新規レイヤーを作成」をクリックして、開いた画像(背景)の上にレイヤーを作成します。
  2. ツールパネルからペンツールを選択し、ソフト円ブラシで生えている髭に近い線を一本描画します。ペンタブレットを使用するときれいに描けます。

描いた線

  1. ツールパネルから長方形選択ツールを選択し、線を囲む程度の正方形の選択範囲を作成します。
  2. レイヤーパネル下部「塗りつぶしまたは新規調整レイヤーを作成」をクリックします。
  3. べた塗りを選択し白色(#ffffff)で塗りつぶし、線を描いたレイヤーと結合します。

選択範囲を塗りつぶし

  1. Ctrキーをクリックしながら、結合したレイヤーのサムネイルをクリックして選択範囲を作成します。
  2. メニューバー」→「編集」→「ブラシを定義」を選択して、任意の名前を付けます。わかりやすいように今回は「ひげ」にしました。
  3. 髭ブラシを作成した後に、線を描画したレイヤーは削除します。

これで、髭を描くのに必要なブラシができました。

ひげブラシ作成画面

ブラシを設定する

オプションバー」→「ブラシパネルの切り替え」をクリックして、ブラシパネルを開きます。
下図のようにブラシを設定します。

ブラシパネル、ブラシ先端のシェイプ
ブラシパネルシェイプ
ブラシパネル散布
ブラシパネルその他

髭を描画する

レイヤーパネル下部「新規レイヤーを作成」をクリックして、開いた画像(背景)の上にレイヤーを作成します。

作成したレイヤーに髭ブラシで髭を描画します。髭の密度などに合わせて、ブラシサイズ間隔などを変更しながら描画すると、よりリアルな髭が描画できます。

髭の男性髭を描画した男性

前回と今回で2回、髭を描く方法をご紹介しましたが~きっと使う日は来ないだろうなwwネタブログになっちゃいましたww

でも、ブラシパネルについては、描画するためにいろいろ設定を変更するので~勉強にはなりますよ!!時間がある方はやってみてください。

ホームページ作成は八戸(青森)のホームページ制作会社 北の国ウェブ工房へ。

青森県内全域、特に八戸市近郊の南部町、階上町、十和田市、三沢市、また青森県内だけでなく岩手県、秋田県などの地域に対応いたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

私、雪乃はPhotoshop中心にブログを更新していま~すぜひ見てくださいねぇ。