2013.02.14

WordPressの概要 No.3 プラグインによる拡張性

WordPress本体はCMSが必要とするシンプルな機能だけで構成されており、機能の拡張は「プラグイン」を利用して行われます。

プラグインは自分で制作することもできますが、WordPress公式サイトのPlugin Directory(http://wordpress.org/extend/plugins/)には、18,000種以上のプラグインが世界中の開発者により提供されており総ダウンロード数は2億6千万回以上になります。

プラグインには管理画面に機能を追加するものや外観に変化を与えるもの、ウィジェットを追加するもの、コメントを強化するものなど様々な種類があります。たとえばメールフォームによるお問い合わせ機能の追加、インターネットショッピングサイトの構築、スマートフォンなどに合わせた表示の切り替えなど、Webサイトの性質に応じて必要な機能を追加していくことで、WordPressを簡単に強化することができます。

※ Plugin Directoryでプラグインを探す

Plugin Directoryでは膨大な量のプラグインが登録されていますが、人気順、新着順、タグ、最近の更新順、キーワード検索で絞り込むことができます。Plugin Directoryに登録されているものは管理画面からインストールすることもできます。

「技術評論社のWordPress 3.Xより引用」