2013.03.21

WordPressのメリット -No.1-  Webサイトを迅速・確実に管理し、常に進化させられる

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは簡単に言うと「Webサイト(コンテンツ)を管理したり更新できるシステム」のことです。主に企業サイトを管理する場合を想定してCMSという言葉を利用していますが、例えば複数のブログの運営が可能なマルチブログサイト、掲示板やSNSサイト、EC(インターネットショッピング)サイトやWebサービスなど、WordPressをベースに構築できるWebサイトは様々です。

ひと昔前は数ページだけで構成されたWebサイトが多かったのですが、最近では様々なコンテンツを扱う巨大なサイトや、運用を続けるうちにコンテンツ量が増加し、膨大なページ数を持つWebサイトも増えてきました。例えば、コンテンツを追加したり削除する際、追加したコンテンツに合わせてリンクを確認する作業がありますが、このような作業が膨大に発生すると人の手によってコンテンツを管理するのは難しいでしょう。CMSを利用するとこういった煩わしい作業が必要なく、追加されたページを自動的にリンクでつなぎ、閲覧者が選択する情報へ正しく導くことができるため、大規模なWebサイトも容易に構築することができます。制作会社に依頼することなくコンテンツを追加することができ、情報を発信するスピードも格段にあげることができます。

さらに、アクセス解析ツールの進化で、サイトに関する様々な情報を手に入れることができるようになりました。Webサイトは公開して完成ではなく、解析により得られた情報を元に効果を検証し、戦略を立てて運用する、といったフローの繰り返しが常に求められています。CMSを導入すれば変化への対応も容易になり、Webサイトの改修やリニューアルに柔軟に対処することができます。

「技術評論社のWordPress 3.Xより引用」