2014.01.08

レスポンシブWebデザイン - No.8 -       コンテンツ・ファースト その2

コンテンツが「データ」として様々な形で消費される時代

Flipboardtというアプリを使うと、FacebookやTwitter、RSSをはじめ、さまざまなソースから集めてきた自分好みのコンテンツを、雑誌のような見た目で好きなように閲覧することができます。ネットという情報の海から自分が必要な情報を探し、それらを効率的に消費する方法が充実してきています。私はGoogleReaderを使って複数のソースからの情報を、iPhoneやiPad、職場のPCや自宅のPCで、好きなときに、好きな場所で好きな形で閲覧しています。また、Facebookは友人の情報を、Twitterはフォローしたユーザの情報を収集して提供してくれます。

Flipboard.com

友達から共有された情報を基に、自分だけの雑誌を作成できるFlipboard(iPad版)

ポータブルなコンテンツ提供

コンテンツ(情報)は「データ」としていろいろな形で共有され消費される時代がきています。そして、昨今のソーシャルウェブの時代、この「共有されること」が大変重要になってきています。大切なのはコンテンツをある特定の形に埋め込みコントロールすることではなく、より柔軟に、よりポータブルにユーザへ提供することです。そもそもウェブサイトは情報の提供者とユーザとのコミュニケーションの場です。サイトオーナーが提供したいコンテンツとユーザが求めるコンテンツをうまくマッチングさせ、ユーザが好きな時に好きな方法でそれらを消費できる環境を提供することがビジネスの成功につながると思います。

引用元:渡辺 竜 著 レスポンシブWebデザイン