2014.01.27

レスポンシブWebデザイン - No.24 -      「One Web」の可能性

「One Web」の可能性

「One Web」の理想はワンソースでどのような端末や回線環境にも耐えうる情報提供です。一人のユーザが複数端末からウェブサイトにアクセスするようになった今、どの端末から見ても同じコンテンツが見られる「One Web」は理想的だと思います。また、複数サイトを運営するデメリットを考えれば、ワンソースで複数端末に対応できるのも理想的です。そして、レスポンシブWebデザインのような手法でそれぞれの端末向けにレイアウトやコンテンツの提供方法を調整できるようになったいま、W3Cの理念に近いWebが実現に近づいているのではないでしょうか。

1.「COPE」- 究極の「One Web」

究極の「One Web」はCOPEですべての情報を管理することだと思います。COPEは「Create Once,Publish Everywhere」の頭文字で、一度作成したコンテンツをどこにでも配信するという考え方です。「COPE」をするために必要になるのは、コンテンツをデータ化して、どのような形でも提供できるように細分化(モジュール化)することです。そして、モジュール化したコンテンツをそれぞれの端末や媒体に最適化した形で配信する仕組みを構築することです。

2.コンテンツではなくユーザ体験を制御する

重要なのはコンテンツを制限して提供するのではなく、どの端末から見ても全てのコンテンツへのアクセスができるよう担保したうえで、レイアウトやインターフェイスを調整して最適なユーザ体験を提供することです。たとえば、小さい画面のスマホではデフォルトで表示するコンテンツ量を少なくして、「詳細」リンクを用意して、すべてのコンテンツにアクセスできるようなインターフェイスにするといった方法が最適だと思います。

引用元 : 渡辺竜 著 レスポンシブWebデザイン

 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

青森、八戸、十和田、三沢市のスマホ、スマートフォンサイト制作は北の国ウェブ工房にお任せ下さい。
北の国ウェブ工房では、スマホ、スマートフォンウェブサイト制作をレスポンシブWebデザインで制作しております。いろいろな画面サイズに対応
したレスポンシブWebデザインはスマートフォンに限らず、今後も増加が予想される様々なデバイス(機器)の画面サイズに対応し、見やすく、使
いやすいウェブサイトを作成いたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※