2014.01.28

レスポンシブWebデザイン - No.25 -      「One Web」の理想と現実

「One Web」の理想と現実

「One Web」の対極にあるのは、iOSやAndroidなどのある特定のOS上でしか動作しないモバイルアプリです。モバイルアプリではOSのネイティブ機能やインターフェイスが使用でき、ブラウザからはアクセスが許されていない機能を使用したい場合やアプリ内に操作性が重要になるタスクがある場合、モバイルアプリの方がHome画面上から簡単にアクセスできたり軽快に動くといったメリットもあります。

1.進化するモバイルブラウザ

しかし、モバイルブラウザにもOSのネイティブ機能にアクセスできるよう、標準化が進められています。たとえば、カメラ、電子コンパス、マイクなどのデバイス機能にブラウザからアクセスできるようにするDevice APIやデバイスのファイルシステムへのアクセスを可能にするfile System APIはW3Cの草案として存在しています。また、ネイティブアプリのようにブラウザ上での画像表示を速くするハードウェア・アクセレーションを利用したCanvas機能や3Gグラフィックスを表示するための基本仕様であるWebGLなどの開発が進められています。

2.狭まるネイティブアプリとウェブアプリの差

端末自体の性能や機能はものすごいスピードで進化しています。上述したような新しいAPIが標準化してブラウザからアクセスできるようになれば、ウェブアプリとネイティブアプリの差は限りなく少なくなると思います。基本的にはネイティブアプリはOSプラットフォームごとに開発が必要となることを考えれば、一つのウェブアプリの開発で様々なOSプラットフォームに提供できるメリットは多大なものではないでしょうか?

引用元 : 渡辺竜 著 レスポンシブWebデザイン

 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

青森、八戸、十和田、三沢市のスマホ、スマートフォンサイト制作は北の国ウェブ工房にお任せ下さい。
北の国ウェブ工房では、スマホ、スマートフォンウェブサイト制作をレスポンシブWebデザインで制作しております。いろいろな画面サイズに対応
したレスポンシブWebデザインはスマートフォンに限らず、今後も増加が予想される様々なデバイス(機器)の画面サイズに対応し、見やすく、使
いやすいウェブサイトを作成いたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※