2014.01.29

レフ板を使ってみよう 01

こんにちわ雪乃です! 最近はますます寒くなりましたね~
今回は「レフ板をつかってみよう」一回目です。

レフ板って何?

レフ板って聞いたことはあっても、そもそもなんだろ~?って思う方もいますよね?

パスタレフ板とは、撮影時に被写体へ光を反射させ、影を取り除いたり、特定の場所に効果的に光を当てたりするときに使用するものです。

人物のポートレート撮影や、料理撮影などでよく使われいています。

レフ板を使えば、今までの写真がさらによくなっちゃう!

レフ板の種類

白レフ

白いレフ板で、柔らかい光や弱い光が必要なときに使用します。

銀レフ

銀色のレフ板で、強い光が必要なときに使用します。

金レフ

少し黄色みかかった光を反射します。人物撮影に使用し足りしますが私はあまり使ったことはないです。

黒レフ

黒色のレフ板で、レフ板を置いた側の光を少なくする効果があり、映り込みが多い液晶画面やガラス製品によく使用します。

レフ板を作ろう

レフ板はカメラ屋さんやネットで購入できますが、結構お高いよw
写真を趣味にしている方やお仕事にしている方なら良いですが、
飲食店で自分でメニュー撮影するのに、機材を購入するはちょっと
という方などは、レフ板を自分で作っちゃいましょう~!

結構簡単にできますよ~
100円ショップなどを利用すれば300円くらいでできます。

購入するのは
「両面テープ」「アルミホイル」「スケッチブック」

スケッチブックの代わりに、段ボールを使ったり、カラーボードを使ったり作り方はいろいろあります。

今回はスケッチブックを使用します。

  1. スケッチブックの白紙の部分は白レフとして使用します。
     
  2. 別ページの白紙部分にはアルミホイルを張り付けて銀レフを作りま
     
  3. アルミホイルを少ししわしわにして貼ると、そのままアルミホイルを貼ったものより、少し優しい光になります。

スケッチブックなので、折りたたみも簡単です。これで~3種類のレフ板が完成w

自分で作ったレフ板で、お店のメニュー用写真や、人物ポートレートなど撮影してみてくださいねぇ!!

a0002_007304

次回「レフ板を使ってみよう 02」ではレフ板の使い方を紹介します。