2014.03.15

Photoshop 古い写真に加工しよう

また昨日の雪かきで腕が痛いです。今日もずっと家にいようと思っている雪乃です。

今回は以前のブログ『Photoshop – 古い紙を作ろう! 01』『Photoshop – 古い紙を作ろう! 02』で作成した古い紙のテクスチャを利用して、古い写真に加工します。

Windows7 を使用しています。
Photoshop CS5 を使用しています。

Step1 新規ドキュメント作成

Ctrlキー+Nキーをクリックして、新規ドキュメントを作成します。

Step2 レイヤー効果を適用

Ctrlキー+Shiftキー+Nキーをクリックして、新規レイヤーを作成し、色(#f2eadf)で塗りつぶします。レイヤー名『枠』にします。

枠レイヤー

『枠』レイヤーを選択した状態で、メニューバー「レイヤー」「レイヤースタイル」「レイヤー効果」をクリックして光彩(内側)を選択します。

描画モード:焼き込みカラー色:黒エレメントのチョークを12%にします。

レイヤー効果

Step3 写真を配置する

『枠』レイヤーの上に、古い写真に加工したい画像を、15px内側のサイズにリサイズして配置します。『枠』レイヤーが写真の枠のように見えます。

写真

Step4 写真をセピア調にする

配置した写真のレイヤーを選択したまま、「イメージ」「色調補正」「色相・彩度」を選択します。

色彩の統一をチェックし、色相:30彩度18明度15に設定します。

色相・彩度ダイアログボックスセピア調の写真

Step5 ノイズを加える

配置した写真のレイヤーを選択したまま、「フィルター」「ノイズ」「ノイズを加える」を選択します。

色彩の統一をチェックし、量:3.8分布方法:ガウスに分布グレースケールノイズにチェックします。

ノイズを加える設定画面ノイズ適用画像

Step6 テクスチャを適用する

ここで、ブログで作った古い紙のテクスチャを利用します。

古い紙

『写真』レイヤーの上に古い紙を配置して、レイヤーの描画モードをオーバーレイ不透明度を75%にします。これで完成です。

古い写真完成

古い写真に見えますか~?他にネットで手に入る、傷のテクスチャを利用するとより古い写真を表現できますよ~試してみてくださいねぇ!!
ホームページ作成は八戸(青森)のホームページ制作会社 北の国ウェブ工房へ。青森県内全域、特に八戸市近郊の南部町、階上町、十和田市、三沢市、また青森県内だけでなく岩手県、秋田県などの地域に対応いたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

私、雪乃はPhotoshop中心にブログを更新していま~すぜひ見てくださいねぇ。