2014.04.01

Photoshop 少しリアルな宇宙空間を描こう

今日から新年度ですね~気を引き締め直さないとw

週末にSF映画を見て、なんとなく描きたくなったのでPhotoshopで宇宙を描いてみます。描き方はいろいろありますが、簡単でリアルな宇宙の描きかたを紹介します。

Step1 新規ドキュメントを作成する

Ctrl+N新規ドキュメントを作成します。

新規作成ウィンドウ

Step2 星々を描く

描画色:白(#ffffff)背景色:黒(#000000)にします。
メニューバー「フィルター」「スケッチ」「ちりめんじわ」を選択して。下図の設定にして適用します。

ちりめんじわフィルター

Step3 背景を複製

Ctrl+Jで背景画像を複製し、レイヤーの描画モード「スクリーン」にします。

レイヤーパネル

背景と複製したレイヤーを結合しておきます。

Step4 星雲を作成する

Shift+Ctrl+Alt+Nで背景の上に新規レイヤーを作成します。
描画色:黒背景色:白にし、メニューバー「フィルタ」「描画」「雲模様1」を適用します。
レイヤーの描画モード「ハードライト」にします。

雲模様1レイヤーの描画モードをハードライト

Step4 星雲を着色する

Shift+Ctrl+Alt+Nでレイヤー1の上に新規レイヤーを作成し、描画色:黒背景色:白メニューバー「フィルタ」「描画」「雲模様1」を適用します。
レイヤーの描画モード「ソフトライト」にします。

レイヤーパネル

レイヤー2を選択した状態で、メニューバー「レイヤー」「新規調整レイヤー」「グラデーションマップ」を選択して、「下のレイヤーを利用してグリッピングマスクを作成」をチェックしてOKをクリックします。

メニューバー新規調整レイヤー

グラデーションエディターで、下図の色で適用します。

グラデーションエディターグラデーション適用画像

Step5 明るい星を作成する

背景の上に、Shift+Ctrl+Alt+Nで新規レイヤーを作成します。
描画色:白(#ffffff)ハード円ブラシでランダムに星を描きます。
メニューバー「レイヤー」「レイヤースタイル」「光彩(外側)」を選択し、下図の値で適用します。

レイヤースタイル明るい星を描いた画像

アレンジ

完成した宇宙空間に、ウェブ上で手に入れた惑星を配置して簡単なアレンジをしてみました。ウェブ上にある宇宙や惑星を描くブラシセットなどを使うと、もっとリアルな宇宙が描けますよー(^(I)^)/!

アレンジ画像

ホームページ作成は八戸(青森)のホームページ制作会社 北の国ウェブ工房へ。

青森県内全域、特に八戸市近郊の南部町、階上町、十和田市、三沢市、また青森県内だけでなく岩手県、秋田県などの地域に対応いたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

私、雪乃はPhotoshop中心にブログを更新していま~すぜひ見てくださいねぇ。