2014.04.02

Photoshop 惑星を描こう

おはようございます。花がムズムズ雪乃です。

昨日のブログ「Photoshop 少しリアルな宇宙空間を描こう」の惑星は自分で描いたものではなかったので、今回は惑星を自分で描いてみよと思って描いてみました。

Step1 岩のテクスチャ

テクスチャを用意します。

テクスチャ

Step2 新規ドキュメントを作成する

Ctrl+N新規ドキュメントを作成し、黒(#000000)で塗りつぶします。

新規作成ウィンドウ

Step3 岩のテクスチャを球面にする

新規ドキュメントに先ほど用意したテクスチャを配置します。

配置したテクスチャ

ツールパネル「楕円形選択ツール」を選択し、Shiftをクリックしながら円を描きます。選択範囲が選択されたら岩のテクスチャを切り抜きます。

切り抜いたテクスチャ

Ctrlをクリックしたまま、テクスチャレイヤーのサムネイルをクリックし、選択範囲を作成します。
岩のテクスチャレイヤーにメニューバー「フィルター」→「変形」→「球面」を選択し、量:100%モード:標準で適用します。

球面フィルター

Ctrl+Fでもう一度球面フィルターを適用します。
選択範囲は解除しないでください。

球面2回適用画像

Step4 円を描く

円の選択範囲はそのままで、Shift+Ctrl+Alt+N新規レイヤーを作成し『ベース』とリネームします。

レイヤーパネル

『ベース』レイヤーの選択範囲内を#375c5eで塗りつぶします。

同様の作業で『ベース』レイヤーの上に黒(#000000)で塗りつぶしたレイヤーを2点作成し、『大気』・『影』とリネームします。

塗りつぶしレイヤーパネル

Ctrl+Dで選択範囲を解除します。

Step5 レイヤースタイル

『大気』レイヤーを選択し、描画モードを「スクリーン」にします。メニューバー「レイヤー」

「レイヤースタイル」「レイヤー効果」を下図の設定で適用します。

シャドウ(内側)光彩(外側)光彩(内側)レイヤー効果適用画像

これで惑星のベースが完成です。長くなるので続きは後日のブログで紹介しますねぇ!!
ホームページ作成は八戸(青森)のホームページ制作会社 北の国ウェブ工房へ。

青森県内全域、特に八戸市近郊の南部町、階上町、十和田市、三沢市、また青森県内だけでなく岩手県、秋田県などの地域に対応いたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

私、雪乃はPhotoshop中心にブログを更新していま~すぜひ見てくださいねぇ。