2014.04.12

Photoshop ブラシとレイヤー効果で水滴を描く

いまさらですがwローソンで『世界のやまちゃん』のからあげクンを見つけて、ついつい買ってしまった雪乃です。また太っちゃうww

Photoshop水滴を描きたいと思います。ガラスやグラスの水滴、葉っぱや花の水滴など色々表現はありますが、今回は水滴のみを描く方法を紹介します。

Windows7 を使用しています。
Photoshop CS5 を使用しています。

Step1 新規ドキュメントの作成

Ctrl+N新規ドキュメントを作成します。水滴を描くため、背景が白では目立たないので適当な色で塗りつぶします。

新規ドキュメント

Step2 ブラシの設定

ツールパネル「ブラシツール」を選択し、「ブラシパネルの切替」をクリックして下図の設定でブラシを作成します。

ブラシパネルの切り替えブラシ先端のシェイプシェイプ散布

Step3 ブラシで描画する

Ctrl+Shift+Alt+N新規レイヤーを作成します。
先ほど設定したブラシで、適当に描画します。

描画画像

Step4 波形

メニューバー「フィルター」→「変形」「波形」を選択し、下図の設定でOKをクリックします。

波形フィルター

Step5 レイヤー効果

描画したものが水滴に見えるように、レイヤー効果を加えていきます。描画したレイヤーを選択して、レイヤースタイルを開きます。下図の設定でレイヤー効果を加えます。

べベルとエンボス光彩(内側)シャドウ(内側)ドロップシャドウレイヤー効果:カスタム

これで完成です。作成したブラシレイヤースタイルは保存しておけば、後で使いたい時にすぐ水滴が作れるので、作業が早くなりますよ。必ず作ったら保存しておきましょう!

完成画像

ホームページ作成は八戸(青森)のホームページ制作会社 北の国ウェブ工房へ。

青森県内全域、特に八戸市近郊の南部町、階上町、十和田市、三沢市、また青森県内だけでなく岩手県、秋田県などの地域に対応いたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

私、雪乃はPhotoshop中心にブログを更新していま~すぜひ見てくださいねぇ。